離婚✖別居

【お父さんはウルトラマン】別居中・離婚調停・審判中に子どもたちから教えられたこと




  1. HOME >
  2. 離婚✖別居 >

【お父さんはウルトラマン】別居中・離婚調停・審判中に子どもたちから教えられたこと

どういう人に読んでほしいか?

🔖1人で奮闘している

🔖離婚調停、審判が進まない

🔖子どもたちに会えなくても会えないパパママ

同じ気持ちのパパ、そしてママがいれば、ぜひとも一緒に歩んでいきたいと思い綴ります。

<はじめに過激な描写や気分が悪くなるようなこと>も書いていますが、いっしょにがんばりたいという気持ちで書いていますのでどうぞ最後までおつきあい下さい。

結婚はタイミング、離婚はいつでもできる

そう離婚はいつでもできるのです!早まる必要はありません。

ただ、筆者は、

我慢して長い間ずっと一緒にいることが愛情や美学だとは思ってませんので、

こういう形で離婚しても後悔はしていません。

大切なことは前に進むことで、後悔せずに

子どもたちとの面会

面会交流の流れを説明され、最終確認を行います。やってはいけない禁止事項など目を通して部屋で待ちます。

その時にもう子供たちは別室で遊んでいました。楽しそうな笑い声やおもちゃを取り合う姿も。

なぜか昨日のことに感じました。

部室にはたくさんのおもちゃがあり、決して子供たちと対峙して落ち着いて話すような感じではないです。

一緒に遊びながら子供達の心の距離を確認するような形になります。

面会をした後に子どもたちにバースデイカードを見せようと思い、1人ずつの誕生日・年齢・好きなものを書きました。

まだ上の子しか字が読めないので長女には文章を多めに書きました。

そういえばパパの携帯電話の番号も知らなかったなぁ。角のほうに書いておきました。

妻に調査官が渡してくれましたが、どうやら子どもたちの手に渡していないようです。

長女に電話番号を渡した理由は、別にかけてお話をするわけじゃないですがなんとなく知って欲しいのです父親としては笑。なんというか父性というものでしょうか。

猫の絵やアイスクリームの絵を描いて楽しいバースデーカードが出来上がったと思います。

こどもら達が大きくなってから手にしてもいいです。いつかきっと見てくれるので、、、

ダメ元で調停委員と書記官にはプレゼント渡せないかとお願いしたらバースデーカードだけお渡しできるように言われました。手作りのロボットも渡せたらいいなと思いロボットを作ったんですけど渡していただけないでしょうかとお願いすると分りました○○さん(元妻)に言ってみますね。と快く受けてくれました。すごく人の心の温かさに触れた気がします。

1年間会っていなかったのですが、子どもたちは案外普通でした。別居する前の1日前の子供たちと変わらず普通に普段通り接してくれました。

子どもたちに感謝。夜中も認可外の保育園に預けられており、辛かったでしょう。

心情を考えると、母親が突然家に帰ってこなくなったら筆者は考えましたが、そう思うと辛くなってしまいます。

調停委員の方の態度などはどうなのか状況としては私と子供たちそして調査官が1人入ります。のちに妻が入りみんなで遊ぶのですが嫌な感じもなく普通に過ごせました。

調査報告書に書かれている内容は

1、裁判官の氏名や当事者の氏名 子どもの名前の記載

2、調査場所や調査対象、調査方法が書いています。

3、調査官2名で対応

  何月何日 父と当庁に置いて面接 母代理人あてに連絡などこと細かく事前準備内容が書かれていた。

児童相談所には相談いかないの?

児童相談所の役割として様々ですが、離婚調停・審判などにはかかわりません。

離婚調停など、家庭裁判所に案件がいくと自動相談所からは連絡など一切来ません。ほとんどが、

「母が子どもたちを引き取るケース」です。勘違いしてならないのは、いずれも””父親が悪い””といった概念です。

夫婦関係の問題はDVや浮気以外は喧嘩両成敗。どちらに多く非があるかなどは全くありません。

離婚するかしないか、このまま同居するか。どちらの意見も裁判所で時間をかけて検討するのです。

例えば「自分の意見を強く要望する」ことができません。必死に意見を述べてもただ傾聴してもらうことになります。

要望は聞き入れてくれませんので。

まとめ

・夫婦関係の悪化で子どもたちを家にいづらくさせてしまう。

・子どもたちがかわいそうだと、よく言うけど言ってる両親は気づいていない。両親が子どもたちを気づつけている。

ただ感情が募っていくと周囲に悪影響が起きます。たとえば子どもに当たってしまったり実家の親や職場の同僚、交友関係もめんどうになったりと「黄色信号」が見えてきます。こういう時って周りが見えなくなります。

自分では気づかない。自分でできることってほとんどなくて誰かに助けを求めるしかいないのです。それが本来夫の役割ですが、知らず知らずいつのまにかお互いにギクシャクした関係が起きる。一度起きてしまうとお互いに口を開くとケンカになったりする場合がありますよね。

離婚は必ずしも悪い選択ではありません。夫婦関係の不仲は子どもへの虐待になる為段階を追って相談をして下さい。

昨年のクリスマスプレゼントは3人に1冊ずつ本を送りました。読んでくれてると嬉しいですが。




  • この記事を書いた人

管理人

ブログ・YouTube・スタンドFM・ヒマラヤ 始めたい人応援します。YouTubeはフォロワーさんたちの夢を応援するチャンネルです。

1

Q、ニトリで家具を配送、 時間指定をしようと考えています。 時間指定をしてもちゃんと来ますか⁉︎ 実際のところどうなのでしょうか? 来てほしいな、、、 結論、100%は来れません。 へ? ...

2

こんにちは、収納家具のあれこれについて語ろうと思います。 家具インテリア業界13年のサブです。 そうですね、収納用品をどれを選べばいいか、けっこう相談をもらいます。 収納で、みんなが困ってることってな ...

3

低反発のマットレスは、よく沈み込み体を支えてくれているイメージがあります。 ところで皆さん「低反発マットレス」のイメージはいかがですか? 「体にフィットして気持ちいい!!」が多くの声ですかね? ただ、 ...

4

10分間ケースにいれておくだけで約2時間連続使用できます。 価格は、12686円でした(2020年9月現在)Amazon公式サイトです。 スマホの機種変更をした際にポイントで購入できました。 Amaz ...

© 2020 SABU-BLOG ビジネスをもっと身近に 3つのSUBから起こるFuture forecast map Powered by AFFINGER5