副業✖転職

「これ以上の言論封殺は許さない」武漢市民の怒りの絵文字

2020-03-14

そもそもなぜ 新型肺炎で全校休校、株価暴落、営業停止 

すべての元凶はここ 【艾医師の悲痛な叫びは届かず】

湖北省医師の初動対応が遅れてしまったことを告白、その後ネット削除。これに猛反発した市民が外国語やQRコードなどを駆使して記事を拡散した。

日本語や点字にも翻訳されSNSで拡散され記事の削除をやめた。 

武漢市中心病院救急科主任の艾医師によると、12月30日に、救急患者からSARSに似たコロナウイルスの検出を確認したことを告白。

「パニックを引き起こすなよ。」と彼女の上司から固く口止めされた。

3.12 AsiaNEWsit より

「SARSコロナウイルス」という単語を赤で囲んだ 。

病院に電話した後、新型ウイルスについてのレポートをクラスメートにも送信し、「SARSコロナウイルス、緑膿菌、46種類の口腔/呼吸コロニー形成細菌」という行に意図的に赤い丸を描いた。注意を払ってもらうように。また、全員に予防策を講じるように通知するために。

報告書を部門の医師に送りました。

その夜、報告書は武漢の医師サークルに広まった。

報告書を転送した医師たち8名警察に懲戒された。

1月1日病院幹部に呼び出されて厳しく叱責され、その後は外部に情報を伝達できなくなった。

武漢中央病院の救急部長であるアフィンは「ホイッスラー」であると主張し、記事は削除されました。
(写真 大紀元EPOCHTIMEより)

日本での初の感染者は2月16日。武漢からの旅行客は春節前に既に訪日していた。

なぜ何度も何度も””ウイルス感染”についてこんなにも中国は意識が低いのか疑問である中もう一つの問題が、艾氏のメディア記事が当局に問題視され数時間で削除されてしまった点。

中国SNS微信(ウィーチャット)上で市民の不満が噴出され反発は一気に拡散。文面を削除する攻防は激化。

ニュース記事内容:QRコード 中国の今を伝える 大紀元時報

虚言が美徳なことなのか。一体何が守られるのか。

人は事故を目の当たりにすると隠してしまう傾向がある。

決しては当事者は悪くないのになぜ隠すのか。

Affinによると、彼女は、肺炎を伴う患者診断バインダー(Sarsに類似)の画像を、人気のWeChat Webサイトに12月30日に投稿しました。しかし、最初の疑わしい症例は12月16日にさかのぼり、別の病院から来ました。患者は高熱があり、薬に反応しませんでした。

アフィン博士は直ぐに状況を監督者に知らせました。彼らは、住民の間でパニックを引き起こすことを避けるために、市の健康委員会が彼らにウイルスについて何も言わないように命じたと答えた。その後、病院の経営陣は、従業員にこの病気に関する情報を禁止するよう促しました。

1月1日、病院長が彼女を「口hist吹き」と非難し、内部告発者であると非難した。1週間後、看護師がCovid-19に感染しました。しかし、病院の管理者は、病気の説明を「ウイルス性肺炎」から「一般感染」に変更することを決定しました。

医師たちは、病気がどこで広がり始めたかについても質問しました。「1月1日に南中国の魚市場が閉鎖された後、患者の数は増加し続け、当局は当初、感染の可能性のある中心地としてそれを示しました。」この情報は18日にのみ提供されました。

Ivanは、このニュースを投稿するための公式の承認を取得します。医者は自分が過失ではないことを確信し、仕事を終えて病院の同僚と機密情報を共有しました。その中には、警報を発したとして警察に逮捕された李文良博士がいました。Li Wenliangは2月7日に武漢肺炎で亡くなり、他に3人の医師が続きました。

彼女によると、市当局者はもっとタイムリーに介入し、同僚を含む多くの命を救うことができたでしょう。「これらの医師がすぐに実際の状況に気づいたなら、彼らは今では死なないでしょう。はい、もっと多くの人に知らせることはできません。」

3.12AsiaNEWsit




© 2020 SABU-BLOG ビジネスをもっと身近に 3つのSUBから起こるFuture forecast map Powered by AFFINGER5