健康✖身体

ギバーがテイカーに勝てる理由 【take・giveしすぎる人必見】 giveすると得する5つのこと

2020-03-19

giveが苦手なんです!

「GIVEの精神」とは、一人ずつ違う。ただなんとなくその人のことが好きだからが大半。じゃないでしょうか。

肌感覚的に、giveで世界は成り立っているのではないでしょうか。と今日この頃。

利益を追い求める前に自分からどんどんgiveしていくことが大切です。

とはいえ、利己的になりがちで他人をほめる余裕なんてなかなかないですよね。

他人に使う時間なんてないよというそこのあなた
きっと他人のためにって思うから前向きになれないね
そうしたら自然にgiveができるな、giveをしているといった意識を失くせばええよ
それではマインドを少しずつ変えていこう いきますよ!

【 giveの定義 】

「アイスランドポピーの花壇を見に来女の子の後ろ姿」の写真[モデル:あんじゅ]

自分がしたいと思う行動が、なんとなく誰かのためになる行動になる。

もう1ランクアップさせるためには、

自分がしたいと思う行動が、「自然とその人のためになってしまうこと」

特定の人にフォーカスしてgiveをし続けると、その人はどうなりますか??

きっと、クソ幸せになります。

すこしでも「GIVEの精神」を持っている限りどんどんあなたの周りが幸せになっていくことが言えます。

例えば)おいしいカレーを作るとお代わりをもらえますよね。いっぱい食べてもー。と思うか、自分の作ったカレーがおいしくておかわりされたのか。で嬉しさがちがいますよね。

例えば)畑で出荷できない形のキュウリを近所の人、いつも散歩をしているおばあちゃんとお孫さんにプレゼントしたらどっちもハッピーですね。

決して、お金を与え、プレゼントをすることがgiveではなく、ブログを書いてコメントをくれるだけでもgiveです。コメントをもらえたらハッピーになります。

5つの得すること

・giveすると周りが幸せになる

・giveすると感謝されて、助けてくれる

・giveするとチームでの一体感が生まれる

・自分がgiveした人の変化を楽しめる、応援できる

・giveをすると、目標にしてた「手の届くくらいの存在」になれる。

見返りなんて乞いても帰ってきません。はっきり言えます。

この世の貸し借りの原則ではなくて、あなたがその人を支援したいと心から思わないとギブアンドテイクは成り立ちません。

マインドセットし、自分の関わる周囲の人たちが幸せになることを考えてみましょう。

チームとしての一体感が生まれ、自分のやっていることに手助けをしてくれる心強い仲間がたくさん増えます。そんなうまい話あるんですか?

誰でも一度は経験しているでしょう。身近にありすぎてわからないだけかもしれません。

takeばっかりして乞いても、あなたの周りは幸せになりませんよね。

自分のマインド内にテイカーとしての自分がはなぜ生まれてしまうのか、「愛情」を感じる力が少ないのでしょうか。全て「愛情」と強く密接する気がしますね。

テイカーの自己愛

「ニューヨークの街並みとアメリカ国旗」の写真

自己愛性パーソナリティ障害は自分の能力を過大評価し、自分の業績を誇張し、他者の能力を過小評価する傾向があります。

人格障害とも呼ばれます。本人に重大な苦痛をもたらすか、日常生活に支障をきたしてしまいます。その後、抑うつ状態に発展。

無差別にgive give giveしすぎると大変なことに。

✅テイカーの特徴

「ずっと圏外表示のまま変わらない」の写真[モデル:白鳥片栗粉]

基本的にテイカーは自己愛が強く、自己肯定感が異常に高いです。takeを受けて当然と感じているので、giveされたことに気づいていません。これがまた面倒なのです。

①孤立状態がずっと続いていると、周囲の人はその人からマイナスオーラを感じるようになり、元々近寄りにくかった存在が、さらに輪をかけて遠くに感じます。

②自分に自信がなかったり、目を合わすこと自体が苦手なことが多いです。

③本人には悪気があるわけではないですが、目を合わせてくれないと相手は「悪いことしたかな」と気持ちが落ち込んでしまいますし、なんだか不気味という印象を与えてしまいます。

④「自分の意見は正しいのか?」「場違いなことを言っていないか?」と常に不安な気持ちを抱えています。そのため負のオーラを持つ人は、話す声が小さかったり、ボソボソと話す傾向がありますよ。

⑤喋り方に抑揚がないため、感情もうまく把握できず結局何が言いたかったのかがわからないことも

⑥姿勢が悪くだらだら歩いていると、元気が感じられず暗い印象に。そのため負のオーラがあるように感じられます。

出典負のオーラがある人の特徴とは?浄化して跳ね返す10の方法を紹介! | Smartlog

これは、無差別にgiveをばらまき、

負のオーラをまとっている人の深層心理は。

変わりたい。でも変われない。何か始めたい。面倒でしんどい。

休みの日食事もろくにせず昼まで寝ている。

嫌われたらどうしよう 顔色ばっかり伺ってませんか?

もし当てはまるならそうならすぐに改善を。

もう気にしないでください。

実は、そういう人はgiveの精神が強いです

気づけば、giveばっかりしていませんか

ん、それってラムちゃんみたいな人? 
電気代にうるせいやつら 深田恭子さんより

数字や成果でgiveできる人と対極的に誰かに物やプレゼントを(give)

して自己肯定感や存在意義を保っています。

人に喜ばれることを心から望んでいますが、takeされた側はそんなに

喜ばしいことではなくgiveされたことも覚えてません。

そうです。giveの意味を間違えると、他人から期待・必要をされていない自分が嫌になってどんどん

感謝しないテイカー、感謝されないギバー

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: LOVE.jpg

実は、 多くのテイカーはgiveされたからといって感謝しません。

はい、これはテイカーが悪いのではなく、ほとんどが

物を与えるという行為はそれほど喜ばれることではなく、

時間が経てば薄れる。所詮「いつも何かくれる人」程度。

何をgiveするかではなく誰がgiveするかが重要。

そして物ではなく本当に役に立つ ””何か”””を与えることで

一生忘れられない思い出になります。

「その人にとって今してほしいこと」を見つけるのが肝心。しんどくない程度でいいですよ。今、その人が何を求めていますか?考えてみましょう。

「渋谷ハチ公像」の写真

しっかりと考えず、giveをし続けるのなら何も変わらないかもしれません。

自分のことが嫌い。自分が嫌だーと思いつつも、

今の自信のない自分からどうやって変わればいいのかわかりません。

常にだれかに感謝されることに依存していたい。

中毒要素があり、与えることで毎回罪滅ぼしをしているような気分になるそうです。

change・charenge 変化すること、今の自分を脱却することへの恐怖心を

抱きながら、挑戦し失敗することへの不安が常に勝ってきます。

1つだけでいいから変えてみよう

「バラ(ストロベリーアイス)」の写真

・恐怖心の克服

一緒にいてても全然楽しくなくネガティブな発言でどんどん周りから

人が遠ざかっていくようです。

結局、他人に迷惑を掛けてしまっていることに気づいておらず、

自分はなんでこんなに大変な状況に置かれているのか。自分は被害者だ

ずっと勘違いして悩んでいます。

ネガティブな要素を発現するため周囲に”悪影響”しか与えません。

実は皆が劣等感を持って生きています笑

「鶴見川と東横線(大綱橋)」の写真

顔を上げて 周りを見渡してください。

表情をしっかりと観察して下さい。

悩んでる人は人のことが一切気にならないという事実。

自分の気持ちの衝動のみを追いかけているばかりで、客観的に

物事を見れなくなっています。

一度周囲を見渡し、他人の表情を見ることをおすすめします。

意外にみんな明るい表情で歩いている人はいないかもです。

なら、少し隣にいる人が今なにをしてくれたらうれしいか。考えてみてはいかがでしょう。

サイト作りたい方はご相談を下さい。めっちゃバックアップします。

「渋谷モヤイ像」の写真
このような悩みの方ご相談下さい

「こちらのブログ記事を読んだ。」とリプまたはDM頂ければ、サイト運営の手助けを致します。

①自分のサイトを作りたい

②サイト運営を続けたい

③費用がどれくらいかかるか知りたい。

①自分のサイトを作りたい

インスタ、Twitter、フェイスブックなどSNSを毎日してるけど、「飽きてきたな」「マネタイズて何?」「個人で収入を得たい」

SNSでおもしろことや写真をアップするのが苦手な方は是非ライティング技術をぼくといっしょに高めませんか。

②サイト運営で肝心な継続力ですが、最初は毎日10行でもいいので文章を書くことが重要ですね。

手が止まってしまうとまあいいやとなってしまい、せっかく準備したものが無駄に。

継続できなければ毎回ぼくが喝を入れます。2月から開始して8月で100記事昼間働き真柄運営をしてきました。なのでほんまに誰にでもできるのです。

カンタンな自己紹介>>>

株式会社ニトリという家具ホームファッションで物流・商品部・店長を経験。60人以上のスタッフが働く店のリアル店舗運営を行っていました。

その後、建材メーカーで転職をして本社営業部月5000万の売上を任されていました。いわばバリバリのキャリア組です。ちなみに子どもは3人います。かわいいです。

モノを販売することの難しさを痛感。店舗1年目は本当に売れずムダに名刺ばっかり渡していた記憶があります。「買ってほしい」という気持ちが先行すると




© 2020 SABU-BLOG ビジネスをもっと身近に 3つのSUBから起こるFuture forecast map Powered by AFFINGER5