経営✖数値

木下優樹菜フジモン夫妻の離婚問題について言及します

2020-02-09

f:id:MODESTHAPP:20200101153549p:plain

木下優樹菜さんインスタグラムより 


木下優樹菜さん フジモンさん夫妻の離婚問題について言及します。

私は、この記事を

Social issues 

として取り上げており面白半分で投稿してませんのでご了承下さい。

まず、タピオカ騒動は一切関係しないでしょう。別に本人に聞いた訳じゃありませんが。

男性は将来のことなどを考えます。”癖”というか仕事柄染みついておりプラン作りを

する習性があり離婚話を切り出すのは大体女性からになりますかね。ほとんど子どもの

傍にいないわけですから親権やその他の訴えはたいてい希薄で終わりますかね。

女性は”感情”が一度出てしまうとその感情を抑えられずにそのまま疎遠になってしまう

ことなど多々あります。そして、それほど結婚生活というものに重点を置いていること

になります。かつての松居一代さんがフィーバーした際に鬼のような執着心・嫉妬心が

あったことは有名ですが、笑い話では終わらないです。

f:id:MODESTHAPP:20200101151217j:plain
家庭裁判所裁判所書記官担当者から送られてきます
  • 親権は母親になります。
  • 養育費は収入関係なく、支払う必要があります。
  • 一方が弁護士に相談するとそのまま離婚に発展。

 家庭内環境 例えば夫婦喧嘩が続いてしまうと修復は難しいです。

とくに原因がお互い わからず進んでしまうので相手の悪いところしか見れず

また顔を合わせると喧嘩になってしまいます。両親や子どもに影響が出てしまい

結婚生活が困難というジャッジがすぐさま弁護士で下されすぐさま親権・養育費

の話へと行きます。調停が行われるため前々から話は進んでいたことは間違いないです。

弁護士を雇っていない側は不利になるため雇わざるをなりません。

話は、親権の話1本になります。インスタで「親権」というワードが真っ先に挙げられ

ているのは何度もその話を議題に挙げられるからでしょうね。

刷り込まれる訳です。

子どもの安全が配慮されたうえで正式に離婚が決まります。ときには誰の意思でなく決まることもあります。

今後の活躍はお互い保証されると思います。

よく「子どもがかわいそう」というコメントがありますが、そんなこと言う周囲の人達がいたら結婚と離婚 両方したことがない人なので結婚生活はいかに難しいことかを考えるきっかけになるかと思います。




© 2020 SABU-BLOG ビジネスをもっと身近に 3つのSUBから起こるFuture forecast map Powered by AFFINGER5