経営✖数値

5分でわかるAmazonのサービスと歴史 Alexa Forlling Love

2020-02-09

アマゾンの事業展開

電子書籍端末 Kindle
Kindle Fire HD
音楽配信サービス Amazon MP3
クラウドドライブ
法人向けクラウドサービス AWS
生鮮・加工食品オンライン アマゾンフレッシュ
Amazon Prime Video
宇宙事業へ参入

f:id:MODESTHAPP:20200117164044j:plain

Amazon prime HPより

Kindle では書籍の他、ワシントン・ポスト新聞社を買収したことでニュースペーパーを購読可能に。
アマゾンプライムビデオサービスはレンタル¥400、購入になると旧作¥2500 ¥4000ほどで利用できます。
DVDのみならず、雑誌・漫画も読み放題といった夢のような月額利用サービスになっています。
レンタルショップがTSUTAYAかゲオしかなく困っています。ちなみに私はゲオ出禁になってしまいました。
昔は多かったのになあ。知らぬ間に近所のレンタル店も本の販売のみになってしまいました。
2010年には著者の印税措置として、$9.99までを70%の印税としてロイヤリティオプションを導入しています。ちなみに$10以上は35%印税適用。
著者がKindleで本を価格を抑えて販売すると印税を得やすくなる措置です。さすが顧客第一主義のジェフ・ベゾスCEO Win-Winの関係をもたらしていますね。

次世代を担うアレクサ


「アレクサ塩取って」「アレクサ電気消して」「アレクサハッピーバースデー歌って」のCMでお馴染みのアマゾンアレクサ。
人工知能搭載されてるんでしょ(・・? なりいろんな想像はできそうですが。

・人工知能搭載型ではありません。
本体にマイクとスピーカーを備えたデバイスが音声を受信し、バイナリ(プログラミング言語)で送信される仕組み。
Amazon Lex(=アプリケーション用会話型インターフェイス)で、Speech to Text機能で自然言語でも読み取り可能な音声をテキストにし、形態素解析される。もっとも困難にされていた自然言語理解NLUとといった高度な深層学習技術を使用。アレクサへの採用で開発者の中でチャットボットを短時間で可能にしました。
なお、Lexは音声やテキストを使用した会話型インタフェースを構築するためのサービスであり、音声認識や曖昧なキーワードいわゆる自然言語にも対応しています。

テキスト変換されたデータは、ユーザーIntentを判断し、開発者の設定に応じSlots割り当てる。 スロットとインテントの関係がズレないよう綿密に設計されています。iPhoneのsiriでもどうやら同じ仕組みになっているようです。

インテントは、意思決定という意味ですが、この場合はユーザーの求める情報を示します。スロットは、インテントを得るために必要な入力データのことです。
スロットに当てはめられたデータをAWS Lambdaに読み取られます。ラムダと読みます。コードをAWSクラウド上で実行してくれる
(対応言語はNodeJS, Java, Python)
AWSクラウド上の色々な所で実行トリガーを設定。AWS Lambdaはクラウド上でアプリケーションを実行するイベント駆動型のプログラムプラットフォームだ。ストレージ、データベース、ログといったAWSのサービス群が包含されている。

 取得したデータはAWS Lambda上で文章に変換し、Alexaに戻されます。この時点てわ「文章化」になっています。
Text to Speech機能で音声化し、Amazon Echoに渡す。音声化の技術はAWSでは「Amazon Polly」がある。ちなみに、天気や時間、アラーム機能などの簡単なインテントは、Alexaに標準でいる。

代表格として、Amazon Web Services(AWS)
Amazon.comにはそれだけではなく何種類もの職種が存在します。何種類あるかはまとめられませんでした。

安全なクラウドサービスプラットフォームとしてマシンラーニング、AI(人工知能)、インターネット、サーバレスコンピューティングにおいて世界190か国で使われるようになりました。

Amazoヒストリー

著者調査により作成

メルカリ・ラクマなどの2時流通のサイトもどんどん増えており。フリマアプリ市場は2017年4835億円。2018年6392億円。 
とくに目立つのが、サービス系分野です。 2017年5 兆 9,568 億円2018年 6 兆 6,471 億円 と伸び率11.59%となっております。(経産省HP調べより)

そこでまずEコマースの説明をします。Eコマースおわかりですか(。´・ω・)? 説明してと言われたらしどろもどろになってしまいそうで。
実出店ではなく、商品やサービスを単体で出品する代表的なプラットフォームとして、Amazonマーケットプレイスがあります。Amazonのサービスは現在多岐に渡りますが元々は本の通販サイトです。
各企業は商品を出品し、商品の管理や発送などの業務はAmazon が委託で行います。ユーザーは特定のECサイトから購入するのではなく、Amazonという大きな店舗の中で買い物をしますので非常に信頼度が高いですね。




© 2020 SABU-BLOG ビジネスをもっと身近に 3つのSUBから起こるFuture forecast map Powered by AFFINGER5